3歳の習い事を【英語】に決めた3つの理由

家族/子育て


子どもの習いごと、何にしようかなと考えているパパさんママさんへ。

我が家では長女が3歳から英会話スクールに通っています。
いろいろある選択肢から、なぜ英語に決めたのか?をまとめました。

3歳の習い事に英語を選んだ3つの理由

スバリ、これです。

  1. 耳がいい!
  2. 素直にマネする!
  3. 家では限界がある!

ひとつずつ、お話していきますね。

英語に決めた理由その①「耳がいい!」

3歳になってプリキュアにはまった長女。
過去のシリーズなどもDVDを借りてきて毎日のように見ていました。

そのオープニングやエンディングで流れる歌は、
早いし歌詞は難しいし、大人でも字幕を読んで初めて
「そういう歌詞だったんだ」と分かるくらい。

でも、まだ文字の読めない娘が、
3回くらい聞くと歌詞を覚えていて、
しかもちゃんと歌えている
んです。

最初ははっきりしない言葉で鼻歌のようにメロディを追い
だんだんと言葉にして、最後はちゃんと歌になるという感じに。

大人になると、文字を読める分どうしても目に頼りがちですが
文字が読めないうちは、耳からの情報を捉える幅が大きいのかもしれません。

パパくま
パパくま

小さいうちは耳がいい!

って本当なんですね。

英語に決めた理由その②「素直にマネする!」

少しでも興味を持ってもらえたらと
時々、親が英語の歌を歌ったり
YouTubeの英語の動画を見せたりしていました。

ご飯を作りながら、お風呂の中、一緒に踊りながら、など
生活の中で歌ったり、動きをやったりしていると
マネして長女も一緒にやるようになりました。

なにも気にせず素直にマネするし、
好きなように自由に、
一緒に歌ったり遊んだりすること自体を楽しんでいるみたいです。

日本語はだいぶわかってきて、言い間違えると自分で
「あ!まちがえちゃった!」と言い直すこともよくあります。

でも英語は、そもそも何が間違っているのかがわからないし、
間違えることが恥ずかしいという気持ちはほとんどありません

パパくま
パパくま

恥ずかしがったり、

失敗を怖がったりしない分、

吸収が早い!

英語に決めた理由その③「家では限界がある!」

英語を言語として学ぶメリットは、

  • より多くのいろんな背景を持つ人と、コミュニケーションがとれる
  • 日本語より、はるかに多くの情報にアクセスできる

ということがあります。

でも言葉だけであれば、通訳や翻訳機能もいいものがたくさん!
昔より身につける必要性は少なくなっています。

ただ、日本の労働人口の減少や外国人の受け入れ緩和もあり、
いろんな違いをもつ人たちと一緒に暮らすことは
今よりもっともっと当たり前になっていく
はずです。

そこで大切になってくるのが

  • 文化や価値観の違いを受け入れて認めること
  • 違いの中で自分で考えて意見や気持ちを伝えること
  • その上で行動できること

でも、これを家で教えようと思うと限界があります。

ママくま
ママくま

家族や友だちとの関係も大事だけど

ぜんぜん違う文化や価値観にふれる機会もほしいな。

英会話スクールに通うことで、
普段触れることのない文化に触れる機会を持つことができます。

目も髪の色も言葉も違う先生と、ボディランゲージ、
日本にはない習慣、行事などを実際に体感できる。

家庭教材やオンライン学習など、
英語を学ぶ選択肢はたくさんありますが
「英会話スクールに通う」ことを選んだのもこの理由からです。

習いごとについて考え始めたきっかけ

夫婦共働きで2人とも土日休みの我が家は、
週末になると、娘の希望でいろんな公園に行きます。

でもだんだんと車で行ける範囲も含めて行き尽くして、
近くに遊べる友達もあまりいないため、相手はいつも両親。

ママくま
ママくま

公園で遊ぶのは楽しいけど

ちょっとマンネリ化?

パパくま
パパくま

何か違う遊びや体験もさせてみたいね!

習いごとを考えてみてもいいかも?

そして「子どもが何に興味を持つかわからないから、体験に行ってみて決めよう!」
ということで、ネットで通えそうな範囲の教室をいろいろと検索しました。

習いごとを決めるために体験教室へ

実は最初に体験したのは体操教室でした。

体力もついてきた3歳。
体を動かすことは大好きです。

年少~年長までのクラスに入り、
マットの上で前回りをしたり、コーチの投げるボールを集めたり、
おにごっこの要領で逃げながらゴールまで走ったり。

ゲーム感覚でいろんな体の使い方をしていました。

娘は終始ハイテンションで
汗だくになりながら楽しんでいましたが

パパくま
パパくま

あれ?思ったより簡単そうにやってる?

年少で一番下の学年の割には、
難しくてできない、ということはなく
少し余裕があるくらいに見えました。

コーチに聞いてみると
「内容は毎回違うけれど、
 小学生のクラスに行くまではそれほど難易度は上がらない」という回答。

「今できていることをあと2年続けていくのは、
 なんだかもったいないな」
と思い、体験のみとなりました。

次に候補に挙がったのはテニスでした。

もともと夫は週1ペースでテニスをやっており、
娘とも一緒にできたら嬉しい!ということで
親子体験教室に行きました。

娘はとても楽しかったようで、
もっとやりたい!と言っていましたが
3歳だとまずはボールに慣れること、
そして体の使い方を知るというところから。

パパくま
パパくま

今の内容なら、習いごとじゃなくても

公園やテニスコートで自分が一緒にやっていけそう!

ということで、
テニスは家族で時々楽しみながらやっていくことにしました。

そして最後に体験したのが、英語です。

今まで、英語の必要性や
英語を通して広がる可能性は日々感じながらも、
小さいうちから英語を習うことが本当にいいのか
なかなか確信を持てないでいました。

でも、今回ご紹介した3つには確信が持てたので
3歳から英語を習っています。

ママくま
ママくま

習いごとを決めるときの

参考にしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました