フリード+にディスプレイオーディオを搭載。カーナビをやめた理由と使い心地レビュー

キャンプ/車中泊

車を購入するときに、悩むのがカーナビ。
純正ナビにするか、他のメーカーにするか‥

私たちはそのどちらでもなく、
ディスプレイオーディオを選びました。

  • これから車を購入する方
  • カーナビを付けようかな、替えようかなと考えている方
  • 車にかかる費用を抑えたい方

そんな方に、ディスプレイオーディオにした理由や
実際に使ってみた感想などをお伝えしていきます。

パパくま
パパくま

ディスプレイオーディオってなに?
カーナビとどう違うの?など
迷っている方のご参考になれば嬉しいです。

こちらが私たちファミリーがフリード+に
実際に搭載しているディスプレイオーディオです。

ディスプレイオーディオとカーナビの違い

カーナビとのいちばんの違いは、
現在地や目的地までの案内をしてくれる
ナビ機能が付いていないこと。

ママくま
ママくま

え!ナビがないなんて困る‥!

パパくま
パパくま

大丈夫。

スマホをつなげれば

マップアプリが使えるよ!

ディスプレイオーディオはスマートフォンを持っていれば
アプリのマップがそのまま使えます。

実際に表示される画面。私たちはiPhoneユーザーなので、Appleのマップアプリになっています。

iPhoneの場合は”Apple CarPlay”というシステム。

その他のスマートフォンでは
”Android Auto”というGoogleのアプリを使用します。

iOS - CarPlay
行き方を調べたり、音楽をかけたり。CarPlayを使えば、あなたの車の車載ディスプレイでいろいろなことができます。車のデジタルキーも登場したので、これからはiPhoneで車のロックを解除して、エンジンをかけられます。
Android Auto

Android Auto

無料posted withアプリーチ

ママくま
ママくま

スマホで使い慣れてるものだから
カーナビより操作しやすい!

ディスプレイオーディオを選んだ理由

私たちファミリーはフリード+を購入するときに、
ポップアップルーフ含め、オプションをいくつか付けました。

その分、費用がかかるので
他のものでなるべく費用を抑えよう!と考えていました。

そこで検討したのがカーナビ。

純正ナビ(HONDAの場合はインターナビ)、
純正以外のナビ(パナソニック、パイオニア、ケンウッドなど)、
そしてディスプレイオーディオについて調べてみました。

価格面を重視して比較

以下のようなメリット、デメリットがあることがわかりました。

メリットデメリット
純正ナビカメラやドライブレコーダーなど他の純正品と連動した機能が使える価格が高め
地図更新(有償)が必要
社外ナビ純正ナビに比べて安い純正品と連動した機能が使えない可能性がある
地図更新(有償)が必要
ディスプレイオーディオカーナビに比べて安い
地図更新が不要
携帯データの通信料がかかる
通信圏外の場合にナビは使えない

フリードにつけようとすると標準的な7インチのもので

  • 純正ナビ:約14万円
  • 社外ナビ:10万円前後
  • ディスプレイオーディオ:約6万円

価格面でいちばんお得なのは、ディスプレイオーディオ
購入時の金額が安く、地図更新に追加費用がかかりません。

機能面で比較してみると

ディスプレイオーディオでは
どんなことができるのかを確認しました。

パイオニア FH-8500DVSの場合(iPhone使用)
ナビを使うiPhoneのマップやGoogle Mapなどアプリを使用
音楽を聴くiPhone、iPod内の曲再生可能、ハードディスクやUSBも対応
ラジオを聴くFM/AM 機能あり
DVDや動画を見るDVD/DVD-R、ハードディスク、USBも対応
CDをかけるCD の再生可能
電話をかけるSiri対応、ハンズフリー通話可能
メッセージの送受信Siri対応、読み上げや送信可能
動画サイトを見る
テレビを見るー 

やはり、スマホで使っているアプリが
そのまま使える利便性
に大きなメリットを感じました。

マップだけでなく、電話、LINE、メッセージ、カレンダーなど
さまざまな機能が使えます。

  • Apple Carplay対応アプリについてはこちら
  • Android Auto対応アプリについてはこちら
パパくま
パパくま

必ず欲しいのはナビ、音楽、ラジオと

遠出するときに子どもが見るからDVDかな‥

ただYouTubeなど動画サイトには対応しておらず
スマホを繋いでも音のみが再生されます。

スマホの画面をディスプレイオーディオにも表示させる
「ミラーリング」を試してみましたが
画質が非常に悪く、音も2秒ほど遅れて再生されてしまいました。

動画サイトの視聴を可能にするツールも出ているようですが
私たちはスマホそのもので見ることにしたので
機能面でもディスプレイオーディオで充分と判断。

テレビや動画サイトが見れなくてもいい!という方には
パイオニアのカロッツェリア、FH-8500DVSはおすすめです。

他に、テレビや動画サイトも見られるもの、
より大画面で楽しめるモデルも出ているので
必要な機能に合わせたディスプレイオーディオをぜひ探してみてください。

ディスプレイオーディオを探す

HONDA純正のディスプレイオーディオもある

実はHONDA純正のディスプレイオーディオもあり、
フリードに対応しているのはWX-211Cというモデル。

https://www.honda.co.jp/navi/audio/wx-211c/

ハンズフリーでの通話や
iPhoneを接続しての音楽再生はできますが
Apply CarplayやAndroid Autoには対応していません。

ナビ機能がなく、他のアプリも使えないので
純粋にオーディオとしての役割がメインになっています。

ナビが必要な場合は
スマートフォンを別で設置して使うことになりそうです。

タブレットAVシステムという選択肢

ここまでディスプレイオーディオのお話をしてきましたが、
中にはタブレットを使おうかなと考えている方もいらっしゃるかもしれません。

アプリが使える点はディスプレイオーディオと同じですが
いちばんの違い、そしてメリットは
取り外して使えることではないでしょうか。

ただ一般的なタブレットの場合、

  • オーディオスペースに入らず設置場所によっては視界が遮られる
  • 動作保証温度が0℃〜35℃と耐久性に不安

といった点が気になります。

そこで、私たちも検討したパイオニアの
”タブレットAVシステム”をご紹介します。

USB/Bluetooth内蔵 180mm2DINメインユニット
耐熱・耐寒性に優れた8インチタブレット

オーディオスペースに土台となるメインユニットが入り、
そこにタブレットを設置して使います。

動作保証温度も−10℃〜+60℃と
車内で使用することを前提に作られているので安心!

まさに、タブレットとディスプレイオーディオの
いいとこ取り
をしたようなシステムです。

フリード/フリード+に設置を考えている場合は注意!

このパイオニアのタブレットAVシステム、
フリードやフリード+に設置すると
ハザードランプのスイッチにタブレットが被ってしまうため、取付不可
です。

設置する車種で事前に確認してからの購入をおすすめします。

ママくま
ママくま

フリードやフリード+ではハザードランプが使えなくなる、

そしてDVD再生ができないという点で

私たちの選択肢からは外れることになりました。

ディスプレイオーディオはカーナビ以上にお得で快適な使い心地

いかがでしたでしょうか。

カーナビよりも安くて地図更新の必要がなく、
さまざまなアプリが使えるディスプレイオーディオ。

普段使っているスマホと同じ操作で
ドライブをもっと楽しんでみませんか。

パパくま
パパくま

カーナビよりも

サクサク使える感じが気に入っています!

ディスプレイオーディオを探す

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました